ぐるぐるグルコサミン > グルコサミンのもつ力

グルコサミンにはどんな力があるの?

グルコサミンにはどんなはたらきがあるの?

なんとなく「関節痛に効きそう」というイメージが定着しているグルコサミンですが、実際にはどのようなはたらきがあるのでしょうか?

グルコサミンを摂取することによって、どんな効果が期待できるのか、わかりやすくまとめました。

グルコサミンは関節痛をやわらげる?

グルコサミンは、ヨーロッパで関節炎の治療に有効であるとして使われてきました。関節炎は、加齢や運動のし過ぎによって軟骨がすり減って変形することで、痛みや腫れが生じるもの。多くは膝関節にあらわれ、立ったり座ったりする時に痛みが出るため、日常生活にも支障をきたします。

グルコサミンは、軟骨を修復するため、関節炎の痛みを和らげたり、予防したりするのに役立つといわれています。

スムーズな動きをサポートするグルコサミン

軟骨は、いわば骨と骨との間のクッションです。グルコサミンは、軟骨部分の新陳代謝を活発にして、軟骨の再生と修復を促します。軟骨が修復されると、軟骨の強度や柔軟性がアップするため、日常動作だけでなく、運動をする時も関節の動きがスムースになることが期待できます。

グルコサミンは、コンドロイチンと併用することでより効果が出やすいとされているため、サプリなどでグルコサミンを補う時は、コンドロイチンも合わせて配合されているものを選ぶとよいでしょう。