ぐるぐるグルコサミン > グルコサミンを摂取するには

グルコサミンはどうやって摂取すればいい?

関節痛を緩和するためにグルコサミンを摂取したいと考えても、なかなか難しいものです。そもそもグルコサミンは、どんな食品に含まれているのでしょうか?

ここでは、グルコサミンが含まれている食品や、コンドロイチンを上手に併用する方法についてみてみましょう。

グルコサミンを食事から摂取する方法

グルコサミンは、エビやカニなどの甲殻類の殻に含まれていますが、殻をバリバリ食べたとしても、効果的な量が摂取できるとはいえません。また、やまいもやフカヒレ、おくら、豚や鳥の軟骨、うなぎなどには、グルコサミンを構成成分とするプロテオグリカンという軟骨の主成分が含まれていますが、そのままでは体内に吸収されないため、多くの量を摂取するのは困難です。

このことから、食事によって必要な量のグルコサミンを摂取するのは難しいことがわかります。

グルコサミンのサプリを上手に活用しましょう

そこで活用したいのが、グルコサミンのサプリ。普段の食事によって摂取することが難しいグルコサミンは、サプリを利用して効率よく補うようにしましょう。

グルコサミンは、コンドロイチンと一緒に摂取することでより効果が高まることが知られています。グルコサミンが軟骨の再生と修復をサポートし、コンドロイチンが軟骨を強化するというそれぞれの役割があるため、一緒に摂取すれば相乗効果が期待できます。サプリを選ぶ時には、グルコサミンとともにコンドロイチンが配合されているものがオススメです。